NY株式市場大反発!!

7月第3週のFRB議長の議会証言及びFOMC議事録公表後から株高&ドル高地合いに。
→8月5日のFOMC後にドル買いが加速し、8月7日のトリシェ総裁コメント後にユーロ売りが加速。

その後、ドル買いヨリで、欧州及び高金利・資源国通貨が売られやすい地合いがしばらく続く。
原油価格やNY株式市場に影響を受けやすい傾向も継続。円だけは軒並み強めに推移。

→『GSE救済の話題』で大変動
→リーマンブラザーズに関する話題などをキッカケに金融不安が再燃。
→リーマン・ブラザーズ破綻で金融不安爆発。リスク回避のドル売り・円買い加速へ。

金融不安が最大の焦点。リスク回避の動向が加速。
以下のような傾向あり。
・為替相場にNY株式市場の動向が非常に大きく影響
・NY株式市場は金融不安に繋がる問題に大きく反応
・リスク回避の動向が強まった場合の為替相場の動き→円買い・ドル売り
・株式市場が上昇→←リスク回避の動向が弱まる・反転
・株式市場が下落→←リスク回避の傾向強まる
・原油価格の下落→ドル買いを支援

▼その他関連動向や要因
各国が協調して資金供給することを決定。
NY株式市場の空売り規制を拡大→NY株式市場反発?
ポールソン米財務長官が議会にRTC(整理信託公社)型解決案を提案→ドル買い
NY株式市場が大幅反発→ドル買い
原油や金、資源国通貨が堅調→ドル安の前兆?
金融不安燻る→上下に振れやすい
米経済指標→良い結果→一時的にドル買い

羊飼いのFXブログより抜粋
タグ:FX 為替 相場
posted by 為替っ子 at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 コラム

為替 HVだけでは解らない

米ドル/円は金利差逆転の恐れがありますが、南アフリカランド等、保有年数でも変わりますが、金利差逆転の可能性はあまりないでしょうから、スワップ金利で少し劣っても高金利通貨を選んでおく方が安心できるかも知れません。

HVとスワップ金利の関係で南アフリカランド/円よりも米ドル/円の方が有利である事が解ります。

現在、安値の通貨ならHVとスワップ金利は比較してやや不利な通貨でも買いやすくなるでしょう。

また、複利を考えると少しでも安い通貨のほうがメリットがあるでしょう。

HVは過去の値動きを参考にして算出する為、未来を保証するものではないです。
posted by 為替っ子 at 19:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | 為替 コラム

為替変動幅

為替変動幅はある程度予測できます。ボラティリティというのは変動率のことですが、ボラティリティが高いといえば、上下変動が激しい通貨ペアという事です。
一般的にはヒストリカルボラティリティを指します。(以下HV)

HVが大きい通貨は乱高下する可能性が高いので、金融工学ではハイリスクであると言われます。

HVが大きいと言う事は、現在のレートから大きく変動する確率が高いということになりますので、不確定要素が大きくなりますが、一方HVが小さい通貨では現在のレートから大きく変動する可能性が低いわけですから、その分レバレッジを上げて運用する事が出来ます。

なので、たとえ金利が高くても、HVが大きいなら、リスクに見合ってない可能性があります。
 
なので、スワップ金利を狙うなら、高金利だけでなくHVが小さい通貨を捜さなくてはいけないのです。

HVが小さければ、レバレッジをかけて受け取るスワップをあげる事が出来ます。
タグ:為替 FX 外為
posted by 為替っ子 at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 コラム

為替 ドルコスト平均法は駄目

ドルコスト平均法値は、等金額投資という意味です。

かんたんに言うと毎月同じ金額でドルを買えば安いときはたくさん買えて、高いときには少ししか買えないので平均購入単価は安くなるという事です。

有名な投資法であたり前のように本やサイトで解説されていますが、相場がもみ合いの状況ではそれなりに成り立ちますが下落相場ではどんどんナンピン買いをして損を膨らませてしまいます。

ゴールデンクロスなんかと同じで有名ですが同じくらい役に立たないです。
タグ:FX 投資 為替
posted by 為替っ子 at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 コラム

為替 スローストキャスティクスでタイミング

現在の値が過去の為替相場から見て低すぎないか、高すぎないかを調べる逆張りのテクニカル分析です。
逆張りの指標だから、トレンドが発生しているときに単独では使わない方が良いです。

順張りのMACDと相性が良いのか理由はMACDが苦手なボックス相場、もみ合い相場でスローストキャスティクスを使う事により、「ダマシ」を少なくする事が出来るからです。
トレンドが発生すればMACDの精度が高く、もみ合いではストーストキャスティクスの精度が高いので、欠点を補うわけです、両方のシグナルが点灯した時は精度が高いはずです。
42日のスローストキャスティクスの値が85%以上に達した場合は買われ過ぎで売りサイン、15%以下で売られ過ぎ買いのサイン。

もみ合いの場合なかなかの信頼できる指標ですよ。
posted by 為替っ子 at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 コラム

為替 MACEでトレンドをみる

為替MACEはオシレーター系の指標です、為替相場の勢いを読む指標です。

短期の移動平均線と長期の移動平均線の乖離度合いを滑らかな曲線で表し、その線の移動平均線との交差の感じを見ます。
書籍やブログで色々な説明や使い方がありますが、私は「順張り」で使ってます。

指標を大きく分けて「順張り」か「逆張り」で判断しています。要はこれから上がっていくのか、上がり過ぎで下がっていくのかを判断します。

順張り系の手法は、ゆっくりとトレンドを形成している場合、サインどうりに売買します。
逆にもみ合いではサインどうりでは裏目に出がちです。
 サインの読み方
@MACDが0ラインより上で向きが上から下に向いてシグナルラインを下抜けしたときは「売り」、逆に0ラインより下で向きが下から上に向いてシグナルラインを上抜けしたときは「買い」。

AMACDが0ラインを上から下に抜け時は降下トレンド、MACDが0ラインを下から上に抜けたときは上昇トレンド、という読み方もあり。 0ラインより上で上昇、下で下降。

@のサインで私はサインが出たと判断します。
尚且つ、スローストキャスティクスでタイミングが良いときに買います。
売りの場合もこの逆で売ります。
パラメーターは9日、12日、26日と一般的なものです。
posted by 為替っ子 at 15:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | 為替 コラム

為替 二つの指標

為替において私が用いているテクニカル分析の指標は、基本的に二つしかありません。
この二つの指標だけで為替(FX)の勝率はすごく上がりました。

皆さん、株や為替(外貨)を買うときどういう判断で通貨、銘柄や時期を決定していますか?

たとえば、株では「@この会社の商品は最近売れたいるから、Aなんとなくこの株がよさそうだ」とか、為替では「@アメリカは景気がいいみたいだから、Aドルを買っておいたほうがよさそうだ」といった具合です。

しかし、こうした判断で売買をすると、往々にして相場に負けます。
ファンダメンタルな判断は二つの理由で合理的ではないし、根拠に欠けるのです。
まずは、ファンダメンタルな要素で判断している人で、その材料、たとえば「株が上がったという理由が、円高にどれだけの相関性がるのかを過去のデータを使って検証している人がどれだけいるでしょうか。

株がどれだけ上がれば円はどれくらい上がるかを過去のデータをもとに検証していなければ、その判断はEvidenceに基づいていない判断になる可能性があるのです。

次に、その材料が具体的に円のレートなどに影響を与えるタイミングがいつなのかという判断がそこに含まれていない点でも非合理的です。

「株は景気に6ヶ月先行する」というように、いま景気がいいことが株価上昇には直結しないのと同様に、株価が上がるということがいつ為替レートに反映するのかがわからなければ、売買の時期を何時にすれば良いか全く解らないのです。

絶えず成長し好業績のトヨタの株価は上下を繰り返します。 株価や為替には「揺らぎ」があるのです。

外貨も同じように二つの国の力関係が一定でも、絶えずレートは変動します。「いつ買うか」が重要なのです。

という事は、極論すればファンダメンタルな事はわからなくても、テクニカル分析の指標を活用し、「値動きそのものに注目して動く」事が出来れば、十分に為替相場でも株でも勝てます。

テクニカル分析に使われる指標には、色々ありますが、指標同士の相性についてはあまり触れられていません。 ですから、実際の相場取引にはあまり参考にはなりません。

私の場合は、MACDとスローストキャスティクスを組合わせる方法が相性が良いように思いました。

その詳細は次回紹介します。
posted by 為替っ子 at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 コラム

為替 トレンドにのる方法

為替相場が上昇基調になるか下降基調いあるかを示すのが「トレンド」で、そうしたトレンドに乗る「順張り」が為替相場で勝つコツです。
トレンドを判断する指標のトレンドラインです、トレンドラインは直線でどことどこを結ぶかで引き方が何通りもありますが、このほかに滑らかな曲線でトレンドを示す有名なラインがあります。

それが移動平均線です。

移動平均線とは「過去何日かの終値の平均値を結んだ線」です。
直近の値から5日前までさかのぼって平均を取れば5日移動平均線で、10日間の平均を取れば10日移動平均線となります。

どの期間の平均を取るかによって移動平均線が描かれる位置や線の曲がり方は変わってきます。すなわち、短期間の平均を取れば取るほど直近の相場の動きを反映しやすいという事です。

でも、短期間で取ると一時的な値に影響されてラインがジグザクになり、正しいトレンドを捕らえられなくなります。

移動平均線の見方は、上向きなら上昇トレンド下向きなら下降トレンド、ローソク足が移動平均線よりうえにあれば上昇トレンド、下にあれば下降トレンド。

@相場のトレンドを把握する

A現在の為替レートが移動平均から乖離していないかどうかを判断する

@についてはさっきの説明ですがAについては、為替レートは移動平均線から離れて「急上昇」あるいは「急降下」しすぎると調整が生じ、移動平均線に近づく傾向があり、注目したい指標です。

移動平均線から乖離しすぎるときは、高騰しすぎか下落のしすぎなので、利食いによる反対売買やそれに乗じた仕掛けの動きも起こりやすくなり、中長期のトレンドとは関係なく自律的に反転する可能性があるのです。

平均に近づくというのはあたり前の事ですが、その近づき方にはローソク足が近づく場合と移動平均線が近づくときと両者が近づいてくる場合があります。

「乖離しすぎると反転する可能性があるので注意したい」という場合には、ローソク足が移動平均線に近づく動きを捉えたいということです。
したがって、乖離のし過ぎの場合でも、移動平均線のほうが時間と共にローソク足に近づいてくる場合もありです、絶対に反転が起こるとは限りません、要注意

後は、ゴールデンクロス、デッドクロスですね、移動平均線の期間の取り方には注意してください、長期線が40日、短期線は10日か20日ぐらいを目安に。
タグ:投資 FX 為替
posted by 為替っ子 at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 コラム

為替 逆張りの恐怖

為替取引 逆張りの恐怖!
「逆張り」「順張り」という言葉をしっていますか?

逆張りとは、例を言えば円高が進行し、1ドル120円から100円にまでなったので、「そろそろ逆に円安に向かうであろう」という予想のもとに、100円でドルを買うような取引です。
つまり、円高の流れが止まった事を確認していない段階で、流れに逆らってドルを買うわけです。
これに対して順張りは110円のレートが115円と円安に振れて来たので、「この流れに乗る」とドルを買うような取引です。
両者を比べると順張りは円安のトレンドができるのを「確認して」から買うので、若干出動が遅れる傾向にあります。 
また、順張りで買おうとすると円安の上昇の勢いが強いときなどは安いところで買えずに高いところで約定してしまう可能性もあります。
反対に、逆張りは上手くいけば底値で買うことができ、利益が大きくなる可能性があります。しかし、逆張りはあくまで「これ以上ドルは下がらないだろう」といった希望的観測に基づいたものですから凄く危険な事があります。例えば、1ドル=100円で底だと思ってドルを買っても80円まで下がる事もありますから・・・

人の行く裏に道あり花の山

コツコツと長期的に安値を拾っていくような投資法で、株相場においては有効な場合もあるかと思います。

しかし、株相場では、そうした水準がありません。
したがって「これ以上下がらないだろう」という希望的観測が外れ、かつ、ロスカット出来ないでいると莫大な損を抱える危険があるます。ですから、「逆張り」は正規ではないです。

相場格言に「頭と尻尾はくれてやれ」というものがあります。
これは、天底は誰にもわからないから、反転を確認してから投資しなさいというものです。 
FXにおいては、その言葉どおりかならす順張りで買いましょう。

格言どうり「頭と尻尾はくれてやれ」ですよ!
posted by 為替っ子 at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 コラム

為替 ファンダメンタルかテクニカルか?

為替 投資をするにあたって、ファンダメンタル分析を判断の基準におくべきか、それともテクニカル分析を重視するべきかは、多くの人が議論している所です。

個人の結論で言えば、「大きな流れ」はファンダメンタルな要素で判断、「相場の転換時期」などのタイミングを判断するには、テクニカル分析を利用するのが良いでしょう。

株式相場においては、テクニカルよりもファンダメンタルの方が当てにならないような気がします。

株式は個人投資家が多く、市場が小さい為心理的要因により大きく変動しやすく、テクニカル分析の方がいいと思います。

一方、為替市場は、貿易や資本移動などに関わる経済状況を反映した通貨の交換が行われる為、実体経済にある程度相関関係を持って変動します。

こうしたためか、為替レートの予想は一部の経済評論家、アナリストに関してはある程度信用してよいように思います。 ただ、一年先を見越す事ができる人は誰もいないので、近い将来に関する予想を参考にするべきでしょう。

でも、長期的な傾向に対する経済的な予想は参考になるでしょう、これから発展するであろう国なんで言うのは長期的な判断はできそうでしょ?

しかし、現状のように原油高などがあると、予想しにくいので、テクニカルを元に判断したほうが良いでしょうね。

それでも、為替相場は、行き過ぎのレベルまで振れる事はよくありますから、トレンドの転換点はテクニカルで判断するしかないでしょうね。
タグ:投資 FX 為替
posted by 為替っ子 at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 コラム

為替 デイトレードではプロに勝てない

為替ではなく株の世界では「デイトレーダー」の投資手法が非常に人気で書店でもたくさん並んでいます。

デイトレーダーとは知ってのとうりその日のうちに損益の決算をしてします超短期取引を行う投資家です。

株の場合市場の流動性を担う証券会社の個人売買部門を除けば、プロが超短期の売買する事はあまりありませんから、大口の投資家が扱わない市場の銘柄で勝負すれば勝つ可能性もあります。それでもデイトレードで勝つ人は全体の5%程度といわれています。

それに対して為替の場合、プロの市場参加者で短期売買を中心に行う人はかなりいますし、プロと私達素人との情報量の差も非常に大きいのが現状です。

つまり、為替相場のデイトレードでプロに勝つのは難しいのです。扱う額が少額の私達は、手数料の面でもプロより割高で不利な状況です。プロは一本単位で取引する為コスト面でも有利です。

また私達はスワップに目をつけて、為替差益に加えて利子による収益も重視して利益をあげようというのですから・・・

中長期の売買をおすすめします。
posted by 為替っ子 at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 コラム

為替 損失を限定する為のロスカットを徹底

為替 ロスカット重要性1998年10月のアメリカのヘッジファンドが破綻

ヘッジファンドとは投資家から資金を集めて、それを元手にその何倍ものレバレッジを欠けで、為替、株式、債券、商品などに投資し、高いリターンを狙う集団です。
アジア通貨危機や、アメリカの有名なジョージ・ソロスが率いるヘッジファンドによるポンド暴落など、しばしば、大きく為替相場を動かす要因となっています。

そうしたヘッジファンドの1つであったLTCMが1998年に破綻した為に、ドル円相場は急落し、2、3日のうちに30円もの円高に振れ、その後も相場は乱高下しました。
通常であればドル円相場は1日1〜2円程度しか動きません。
ソレが30円も動いたのです。
外為取引には株式市場のような「ストップ高」「ストップ安」の仕組みがありませんから、相場に影響を及ぼす大事件によってこういう動きが起きても不思議ではないのです。

30円動けば、たとえ1万ドルしか買っていなかったとしても、30万円の損が発生しますから、大変な事です。しかし、例えばこの時に、あらかじめきちんとストップロスオーダーを出していれば、損失は最小限で済んだはずです。

また、バブル崩壊、ブラックマンデーのときの株式市場においても同様に損失を最小限にできたはずです。
posted by 為替っ子 at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 コラム

為替 3勝2敗で勝てる

「3勝2敗で勝てる」と聞けば、意外というか、そのとうりなんですけれど・・・

もし、テクニカル分析も一切せずに、ファンダメンタルな状況判断もまったくしないとしても、突き詰めて言えば、「相場は上がるか下がるか」だから賭けに勝つ確立は50%なんです、つまり半々。

しかし、チャートの見方やテクニカル分析を使えば、どんなに少なく見積もっても、6割以上の勝率になると思いませんか?

それでも60%しかないのかというと、成功率が低いと思うかもしれません。また、60%の成功率でも一時的には、負けが続くときもあるでしょう。しかし、投資を続ければ続けるほど勝率は60%に限りなく近づいていきます。そうすると10回の売買で6回勝で4回負けです、差し引き2回勝つことになります。  

差し引き2回の勝ちを繰り返せば繰り返すほど勝ちの数は大きくなり、同時にロスカットを徹底する事により、「利益を大きく、損失を小さく」を実践する事ができ、収益は増えます。
posted by 為替っ子 at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 コラム

為替 投資は余裕資金で

為替 投資に勝つ基本的な心構えとしては、「余裕の心」を持つ事が大切だと思います。

たまに自己資金いっぱいの資金を動かして余裕なく投資する人を見かけます。

多分、いっぱいの資金を運用する事によって「出来るだけ効率よく、出来るだけ多くの利益を上げたい」と思っているのでしょう。

しかし、資金的、気持ち的に余裕のない投資は必ず負けます。大切なのは、「欲を持たずに、欲をかなえる」ということです。これは禅問答のようですが、「欲ばらないこと」が実は投資に勝つ秘訣なのです。

資金をいっぱいで運用すると、冷静な判断ができず、ルールに従わず、損きりなどもしなくなります。

損きりはリスクコントロールの一番の要ですから、これに躊躇するような心理は避けなければなりません。

また、自分が想定したシナリオが外れたときのリカバリーも、資金の余裕がないと出来ません。

株式投資などにおいても同じ事で絶好の買い時がきても資金がなく、チャンスを逃すという事にもなります。

FXでも当然のことながら、いずれかの通貨に絶好の買い時がきたときも買えるだけの資金を残しておきたいですね。理想はレバレッジの合計が自己資産を超えないで運用する事です。
posted by 為替っ子 at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 コラム

為替 株 利食いにまつわる格言

為替・株の投資で最も難しいのが利食いのタイミング。儲けを確実に取り込む為の心得えを説く。

利食い 株式投資では、買っただけでは目的の半ばです。値上げした株を利食って、はじめた投資が成功したといえます。
しかしこの利食いのタイミングが実に難しいのです。もっと高くなるだろうと期待して粘ると、相場が「いってこい」になり、せっかくの値上がり分フイに為ってしまいます。こんなことにならないよう、テクニックよりも利食いの際の心得を説いた格言も多く見られます。

 利食い八分 最高値で売ろうと欲張らずに、相場がまだ上昇の余力を残している八合目で売るほうが良いと説いたものです。米相場時代の格言にも「わが利益、七八分にて仕舞うべし」というのがあります。

 頭と尻尾はくれてやれ 魚を食べるのにたとえて、頭と尻尾は犬や猫のために残して置くように、間違っても骨までしゃぶる気を起こしてはいけないという訳です。これも利食い八分の心得と同じです。

 バラを切るごとく売るべし 苦心して育てたバラを八分咲きで切るのは惜しい気もしますが、満開になってからでは貰った人はあまり喜ばない。八分咲きを切ってあげなさいというもので、これも八分目の利食いを説いています。

 天井売れず底買えず 底値で買って天井で売るというのは、多くの投資家の夢です。しかし現実にはあり得ない事です。だから夢なのです。もしそうした事を狙えば大火傷は確実です。

 強気も弱気も儲けられるが、欲張りはヾ(`◇')ダメッ! これはニューヨーク・ウォール街の格言ですが、やはり外国でも考え方は日本と同じです。欲張りは儲けることが出来ないと戒めています。
 
posted by 為替っ子 at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 コラム

相場観にまつわる格言

相場は理屈道理には動かない。こんな時、市場心理を裏読みした格言が役立ってくる。

 迷い 相場は必ずしも理屈どうりには動きません。時には専門家ですら判断に窮するような相場つきになることもあります。その代表的なものが「石が流れて木の葉が沈む」・・・ ボロ株が高くなり、業績の裏付けのある優良株が売られるような、理屈では割り切れない相場です。

また、相場を取り巻く環境が悪く、長期低落相場の時、あるいはその逆で連騰の時は、どのように取り組んでいいのか判断に迷うものです。こんなときに役立つのが相場観にまつわる格言です。

 相場は相場に聞け 相場の行き先がまったく読めないことがあります。証券会社の株式部長ですらこの格言を年に何度か使うほどです。こんなときはアレコレ考えず、素直に相場の流れについていくほうが良い事を教えています。

 行き過ぎもまた相場 自動車が急ブレーキをかけてもすぐ止まれないように、相場も行き着くところまで行かなくては止まれない事を意味しています。当然のことながら、行き過ぎた分の反動は覚悟しておかなくては為りません。

 買いにいく相場は高い この株を買いたいと思うとき、みんなも同じ想いなので買えない。こんな相場のときは高くなる事を投資家心理の面から教えているものです。この逆は「買いやすい相場は安い」となります。
posted by 為替っ子 at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 コラム

投資資金にまつわる格言

ひらめき自分の資金にあった投資の大切さや支払期限付き資金の流用をいさなめるものなど数多い。

カネと格言ぴかぴか(新しい) 

相場格言には、お金にまつわるものが数多くあります。ある時期がくれば支払いにあてる資金を流用したり、資力を超える投資をすることをいさめています。
米相場時代の格言にも「義理ある銀子で商いすること、大いに心得違いなるべし」と、支払期限付きの資金の流用を強くいさめています。また、自分のお金で投資する場合も「商いをする時は、何程の金高で売買すべきか、分限に応じて定めるべし」という具合に、自分の資力に合った投資の大切な事を指摘しています。
ここでは、お金にまつわる代表的な格言を紹介します。

備えあれば迷いなしぴかぴか(新しい)

相場につぎ込んでしますと、株価が値下がりしたときに身動きが取れなくなります。信用取引をしていて「追い証」がかかるようになったら、投げるより他なくなります。それに資金不足は心理的に圧迫となり、相場観を狂わせる事にもなりかねません。
資金に余裕があれば、じっくり回復を待つ、あるいはナンピン買いを入れることも出来ます。

いのちのカネに手をつけるなぴかぴか(新しい)

子供の大学入試や結婚式までにまだ半年以上もある、あるいは手形の決算期日に間がある、といった類のお金が「いのちのカネ」です。このお金に対して、相場つきもいいのでこの間にひと稼ぎ、などといった考えを絶対に起こしてはいけません。順調に行くかに見えても株式投資にはアクシデントがつきものだからです。

相場のカネは出し切るなぴかぴか(新しい)

資金の全部をつぎ込んでしまうと、相場が運悪く値下がりしたときにナンピン買いなど適切な対応が出来なくなります。余裕のある投資の必要な事を説いています。
posted by 為替っ子 at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 コラム

意外と難しいナンピン買い

ナンピンとは 買い増しによって買いの平均単価を引き下げる復活方法。だが、底値の確認など注意。

この言葉の語源は「難平」

困難を平にする、と言う事からきています。買っている株が大幅に値下がりし、このままでは買値に戻るまで相当の日時がかかりそうなときに、同じ株を安値で仕込み、買いの平均単価を引き下げて戻りを待つ方法です。
典型的な敗者復活法で、広く利用されています。

例えば、1000円で仕込んだ株が800円に値下がりしたとします。この時に同じ株数を800円で買うと買いの平均単価は900円になります。時価に比べ、マイナス200円がマイナス100円となり、浮上が容易になるわけです。

下手なナンピン 瓦町には昔から「下手なナンピン、スッカンピン」ということわざがあるくらい、ナンピン買いは難しいものとされています。資金に余裕があるからといって、値下がりすると、ソレ−とばかりにナンピン買いを入れる人を良く見かけますが、あまり関心しません。

ナンピン買いは立派な新規投資なのです。保有している株と同じものを買います場合でも、改めて業績や材料の確認、値下がりを招いた原因、株価は底値に届いているか、という点を確かめなくてはいけません。とくに出来高の推移を眺め、株価が底値にコツンと届いた感じがするまでは、ナンピン買いを入れてはいけません。これを手抜きすると、せっかくナンピン買いを入れても、さらに下落する事もないとはいえないからです。
タグ:投資 為替
posted by 為替っ子 at 19:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | 為替 コラム

ビッグマック指数

ビッグマックを使った経済指標が「ビッグマック指数」。ビッグマック1個の販売価格を比較したもので、英経済誌エコノミストが毎年発表している。
ビッグマックはほぼ全世界で同一品質のものが販売され、原材料費や店舗の光熱費、店員の労働賃金など、さまざまな要因を元に単価が決定されるため、総合的な購買力の比較に使いやすかった。これが基準となった主な理由とされる。

ビッグマック指数具体的には、たとえば日本でビッグマックが250円、アメリカで2ドルのときは、250/2=125となり、 1ドル=125円 がビッグマック指数となる。もしこの時点で、為替レートが1ドル110円だとすると、為替相場はビッグマック指数に比べて円高であり、この後、125円に向けて円安が進むだろう、などと推理する。

あくまで、イギリスらしいユーモアによって、おおざっぱな目安として示されているものである。同様のものに、スターバックス指数やコカコーラマップ、iPod指数などもある。ちなみにこんなにすばらしいビッグマック見た事ありますか?


posted by 為替っ子 at 00:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 為替 コラム

相場にまつわる珠玉の格言

相場には、昔から珠玉の格言がたくさんあります。ぜひ、参考に!

1「人の行く裏に道あり花の山」
人が多く行く場所の裏側に、意外な花見の場所があるのと同じように、他人と同じ考えで取引をしていては、利益を得にくいという事を説いた格言です。
例えば、バブル期に「株を買わないのは馬鹿だ」という風潮に乗って株を買った人は、バブル崩壊で大損をしてしまいました。反対に、景気が低迷して「こんなときに誰が株を買うんだ?」といわれた時期に株を買っていた人は、2005年後半の日本株高で大きな利益を出しています。

2「もうはまだなり、まだはもうなり」
売買のタイミングの難しさを説いたものです。「もうそろそろ天井で、下げに転じるだろう」と思っていると一段高になったり、「もうこの辺りが底だろう」と思っていると一段安になったりする事は良くあるものです。「もう○○だろう」「まだ○○だろう」と思ったときは、安易に途転(ドテン、売り買いのポジションを逆転させる事)等をせず、少し冷静になりましょう、というわけです。

3「下手な難平(ナンピン)、大怪我のもと」
難平とは、買いの場合、損を取り戻す為に、下げた所で買い増しし平均取引価格を下げる事を言います。しかし、難平は、相場が反転しない限り、蟻地獄のように深みにはまる危険な面があります。「下手な難平(ナンピン)、大怪我のもと」とは、あまり、熱くなって入れ込みすぎると大怪我(大損)をするかも知れないという警告です。
posted by 為替っ子 at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 コラム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。