為替 リスクをコントロールする事に集中!

為替(FX)で負ける人と勝つ人の違いは、「損切りできるかどうか」だとよく言います。
大きな損が出たとしても冷静に対応できる人は、良い結果を出しています。

コンピュータのプログラムを利用したシステムトレードでない限り、実際に運用するのは感情のある人間ですから、自分自身ではシステマッチックに取引しているつもりでも、損きりのタイミングが遅くなったりしてしまいます。
利益が出ると欲で、予定より大幅にレバレッジを上げてしまったりする事もあるでしょう。
これを避けるには、利益を求めるよりも、「リスクをコントロールする」事に集中する方がよさそうです。

私は株式で未だに塩漬け株が処分できずにいます。

タグ:FX 為替 投資

為替・ヘッジファンド・投資銀行のリスク管理手法

為替について最近のヘッジファンドや投資銀行が行っているリスク管理手法のエッセンスをここで披露します。

一部の方の中には、ヘッジファンドや投資銀行は「資金量が違うから全く参考にはならないだろう・・・」とか「手法が難解すぎて、個人ではちょっと・・・」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

実はそんなことはないのです

逆説的に言えばヘッジファンドや投資銀行はリスクとリターンが見合った運用を心がけているだけなのです。

前章でリスク・リターンの関係を説明しましたが、金融機関の第一目的は金融・資本市場の仲介役を担うことであり、そのために支払うべきコスト(人件費を含め)をカバーするための最善の方法を日々選択しているだけなのです。

TTB・TTSなどという個人向けの為替レートが存在するのも、金融機関が市場の価格変動リスクを回避しながら仲介コストを賄うための代表的な収益に対する考えをあらわしているからなのです。

オプションに代表されるデリバティブなども同じ発想です。

オプションの理論価格を計算するための背景となっている理論の根幹は、裁定価格理論と呼ばれ、投資の収支を常に0とすることを前提としています。

この理論に基づけば、世の中の運用者が皆同じ動機と知識で運用を行えば、誰も利益を生むことはないということになります。

ではなぜ実際の世界では投資の成功者や失敗者の話が蔓延するのでしょう

それは個々の運用者の知識や情報の収集速度に違いがあるからです

運用手法や投資対象に対する情報が早く入手でき、早く決断することができれば、それらの入手が遅いひとよりも、利益を得る確立がより高まります。

損失を回避するときも同じです。しかし、人によっては公開されていない極秘情報を手に入れるかもしれません。

その情報を利用して、公開マーケットで利益を得ることはオリンピックでフライングすることと同じです。

したがってインサイダー情報規制が存在するのです。投資銀行などにはそのような公開前の情報が溢れています。

しかし彼らはそのような情報で運用を行うことは禁止されています。

投資銀行やヘッジファンドにとっても運用で儲ける秘密はないのです。

加えて個人が利用できる商品も投資銀行に比し遜色ないものとなってきています。

スワップ金利を受け取りながら手軽な為替レートで外貨運用が行える外国為替証拠金取引はまさにその代表例なのです。

では、ヘッジファンドや投資銀行と個人投資家の一番大きな差は何なのでしょう。

それは運用のために費やす時間と労力です。

個人投資家であっても、巷で利用できる専門家や文献、そして自分の趣味の時間を運用に回すことでヘッジファンドや投資銀行と同じ土俵で戦うことは全く夢ではないのです。

外国為替取引のリスク2

ではこの例えの人の場合なぜリスクにみえなくなるのでしょう。

それは求めているリターンがお金を増やすことではないからです。

この人の求めているリターンは1年後の旅行を今から楽しめることがリターンだと考えているのです。

したがってこの人はそのリターンに見合う大きなリスクを負ってしまっているのです。

「機会利益の損失」というリスクです。

外国為替を運用としている皆様からみればいくら1年後に米ドルで使う資金だといっても1年間為替レートの上下を無視してただ米ドルにおいておくことは資金を増やすチャンスをみすみす逃している、と思えるはずです。

むしろ今は金利が低くても日本円にしておき、今より1円でも円高になる局面を待つべきだと考えるはずです。

このように考えれば、マスメディアで取り上げられているリスクというものが、いかに普遍的な概念でのみ捉えているかはご理解いただけるはずです。

皆さんの場合はいかがでしょう。

元本の増減をリスクだと考えるなら現金でもつことが最も良い方法です。

そのかわり元本は表面上増えも減りもしない代わりに物価上昇分だけ価値が下がっていきます。

預金はどうでしょう。

金利がつくので物価上昇分については理論上カバーしています。

プラス、なにがしかの金利が付くはずです。

ではこの金利は何なのでしょう。

これは預けている金融機関に対する信用リスクなはずです。

このようにリスクとリターンは表裏一体であり、自らが許容できるリスクの範囲内で最大のリターンを享受することが最も賢い運用といえるでしょう。
タグ:FX リスク

外国為替取引のリスク

為替の運用にあたって考えなければいけないのがリスクです。ではリスクとは何でしょう。

まず為替について考えていただきたいのは、リスクというのは運用する人の数だけ種類があるということです。
例えば1年後にアメリカ旅行に行く予定がある人がいて、日本円で100万円持っていたとします。

さてこの人にとって1年後に米ドル交換する必要のある日本円の100万円にはどんなリスクがあるのでしょう。

今この日本円を米ドルに換えてドル預金をしたとします。

すると現在では日本円の数倍の利子が付いた上に、今思い描いている米ドル金額に変化はありません。

どうせ米ドルで使う金額だと割り切り、現在のドル金額を頭に置きながらアメリカに行った時に何を買うか、それらがいくらかに思いを馳せる楽しみ持つ時間ができます。

その上日本円よりも高い金利がつき手元のドル資金が増えていきます。

では日本円で1年定期預金にいれておくのはどうでしょう。

定期預金に入れたとしても利子が殆ど付かず、1年後に今よりも円安になっていれば1年後の米ドルの手取りは少なくなっているはずです。

この人はこれから1年間どうやったらドル預金より有利になるか考えざるを得なくなります。

このように考えると今ドル預金にしてしまった方が有利に見えます。

メディアでは為替取引は金利は高いがリスクが大きいと報道しています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。