為替におけるレバレッジ効果とは?

レバレッジ効果とは、資本投下した金額の何倍何十倍もの為替取引が行える効果をいいます。

まるで「てこの原理」のように、小さな力(小額)で大きなモノ(大きな取引金額)を動かすことから、この名が付きました。

1995〜1998年に往行した米系ヘッジファンドも、このレバレッジ効果を巧みに使い大儲けしました。

一説には100倍近くのレバレッジをかけていたそうです。

この効果により、大きな利益も期待できますが、逆に大きな損失を招くリスクも同時に存在します。

1998年以降、多くの米系ヘッジファンドも破綻しました。
posted by 為替っ子 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 レバレッジ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。