為替 レバレッジとは

為替 レバレッジには、「てこの作用」と言う意味があります。 FXでは、少ない資金で大きな利益を生むという意味です。 ここでは、その具体的な仕組みを説明します。

レバレッジとは

FXは証拠金取引ですから、一定の証拠金を預ければ、その数倍の額の取引が可能です。 このとき、取引可能な金額を証拠金の金額で割った(倍率)をレバレッジといいます。 
例えば、証拠金100万円を手元に他国通貨の円表示で1000万円までの取引が可能な場合のレバレッジは次のとおりです。

・100万円分の取引をする・・・レバレッジ1倍

・500万円分の取引をする・・・レバレッジ5倍

・1000万円分の取引をする・・・レバレッジ10倍

レバレッジの倍率=利益率

1ドル=110円のときに110万円を投資してドルを買って、その後、1ドル115円になった場合、その利益はレバレッジ倍率により、次のページのように大きな差が出ます。レバレッジが10倍の場合、投資金額が同じであれば利益も10倍になるという事です。もちろん、レバレッジが20倍になれば、利益も20倍になります。 つまり、レバレッジ倍率は利益率を表していることになります。 したがって、レバレッジを効かせるほど少ない元手で大きな利益をあげる事が出来ます。 しかし、そのぶん値下がりしたときのリスクもおおきくなることを、肝に銘じておきましょう。
posted by 為替っ子 at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 FXって何?

為替 証拠金取引の魅了

FXは、証拠金取引の形態をとります。 証拠金は、担保の役割を果たします。 証拠金をFX業者などに預け、それを元手にドルやユーロなどの外貨を売買するのです。

証拠金(保証金)=担保金

皆さんがFXを行う場合は、口座開設などの手続きの後、まずFX業者に「証拠金」と呼ばれるお金を預けなければなりません。
証拠金は、担保金と思っていただければ結構です。 大きな金額の取引をしたい場合は、その分証拠金を多く預ける必要があります。
例えば、あるFX業者では1万ドルを取引する為に10万円の証拠金が必要です。 証拠金額はFX業者や取引通貨によって異なります。

証拠金取引は、少ない元手でできるのが魅力

少ない元手でも大きな金額を動かせるのが証拠金取引の魅力の一つです。 例えば、1ドル=100円のときに1万ドルの外貨預金を行う場合は、100万円必要ですが、FXなどの証拠金取引では、5〜10万円の証拠金を預ける事で、1万ドルの取引が可能(レバレッジ効果)となるのです。 しかも、1ドル=102円になれば、100万円を預けたのと同様に、2万円の利益を受けることが出来ます。
しかし自分の思惑と反対に相場が動いた場合、そのぶん損失も大きくなるので注意が必要です。これをハイリスク・ハイリターンといいます。 リスクも大きい代わりに、リターンも大きいというわけです。
タグ:為替 FX
posted by 為替っ子 at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 FXって何?

為替レートに2つの値段がある訳

為替レートをテレビやインターネットなどで見ると、必ず2つの値段が表示されています。
これによって、投資家は安心して売りか買いかを選ぶ事が出来ます。

2つの値段の意味

テレビやインターネットで為替レートが表示されるときは、たとえば、ドル/
円なら「114.00-114.30」と言うように、必ず2通りの値段がでます。
これを2wayプライスといいます。
左側の114.00円をビッド(買値)、右側の114.30円をアスク(売値)といいます。
これは、114.00円ならドルを買いたい人がいて、114.30円でドルを売りたい人がいるという意味です。ただし、投資家がどるを売りたい場合には左側の値段が、反対にドルを買いたい場合は右側の値段が適用されます。

したがって、為替レートを見るときは、「左側の安い方の値段(ビッド)で売れる」「右側の高いほうの値段(アスク)で買える」と覚えておきましょう。

2WAYプライスは透明性の確保

2WAYプライスで、売値と買値が同時に掲示される事で投資家は安心して、「売り」か「買い」を選べます。

もし、これが売値あるいは買値のみを掲示する方式だと、FX業者が顧客に不利な操作をする余地が出て来ます。

つまり、売買における透明性の確保の為なのです。
したがって、片方の値段しか表示しないFX業者は、投資家に不利なように為替レートを操作している事も考えられる為、取引は避けるべきです。


タグ:為替 FX 外為
posted by 為替っ子 at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 FXって何?

為替 円高、円安とは

為替 円高・円安は通貨の価値で決まる

円高、円安とは円の他通貨に対する「価値」によって決まります。端的に言えば、円の価値が高いと「円高」、円の価値が安いと「円安」です。
例えば、1ドル=110円と1ドル=115円では、1ドル=110円の方が円高です。それはなぜでしょうか。

為替 円の価値を考える

具体的に例をあげて考えてみましょう。
1ドルのホットドッグはあるとします。
このホットドッグを買うとき、1ドルが110円のときは、110円出せばホットドッグを買えます。
しかし1ドルが115円のときには、110円の時より5円多い115円を払わなければ、ホットドッグにはありつけません。
このように、為替相場の動き次第で同じ1ドルのものでも、購入する際に必要な円通貨の額が変わります。
購入に必要な円通貨の額が少ない方が円の価値が高いすなわち「円高」と言うことになります。
逆に購入に必要な円通貨の額が多くなれば、「円安」と言うことになります。FX/円を取引する場合、「ドルが安いときにドルを買い、高くなったところで売る」と言うのが基本となります。
円高・円安をしっかり把握して売買しましょう。
タグ:投資 FX 為替
posted by 為替っ子 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 FXって何?

下落しない通貨

ほとんど下落しない通貨とは?
FX 最大のリスク、それは通貨の下落です。
下落するから損するわけです。
逆に言うと、下落しない通貨を買えば
絶対に損しません。
実は、ほとんど下落しない通貨があるんです。
それは、米ドルとのペッグ制を導入している通貨です。
ペッグ制とは為替レートを一定に保つ制度なので、
相場が動いたらすぐに戻ります。
つまり、通貨が下落することはありません。
逆に言うと、急騰することもありませんが。
ペッグ制を導入しており、証券会社で取り扱っている通貨は2 つです。
香港ドル(HKD)
オマーンリアル(OMR)
タグ:為替 FX
posted by 為替っ子 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 FXって何?

為替・外国為替・FXって

b外国為替、為替がこの数年、雑誌やインターネット等で非常に注目されている「外国為替投資」ですが、そもそもこの「為替」とは一体何なのでしょうか 。

 よく、テレビのニュースなどで、「今日の外国為替相場は1ドル120円10銭」といった言葉を耳にすることがあります。
しかし、ここで言う「為替」とは何か、ということになると、案外、簡潔に答えるのは難しいかも知れません。

 為替というのは、一言で言えば、日本の通貨と外国の通貨を交換するときの比率、またはそのシステムのことを指す言葉です。
たとえばアメリカに旅行に行こうという場合、日本円をアメリカでそのまま使うことはできませんので、円を米ドルに交換しなくてはなりません。
このとき、1ドル=何円で交換するのかを定めたのが、為替というものです。

 もし為替相場が1ドル=100円のときに、1万円をドルに換える、つまり1万円でドルを買うと、100ドルになります。また、1ドル=110円のときに1万円でドルを買うと、110ドルになります。
 同じ1万円が、そのときの為替相場によって、何ドルになるか、変わってくるわけです
 この為替の変動を利用しながら外貨と日本円をやり取りし、利益を得ようというのが、「外為投資」の考え方なのです。
タグ:FX 為替 相場
posted by 為替っ子 at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 FXって何?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。