外国為替証拠金取引(FX取引)のスワップ金利の仕組み

外国為替証拠金(FX取引)を始める時に、一番意味のわからない言葉がスワップ金利
はないでしょうか。外国為替証拠金取引のスワップ金利の仕組みを説明します。

スワップ金利

取引する2国間の金利差をスワップ金利といいます。

例:豪ドルを買う
この場合、日本円を売って豪ドルを買うことになります。
豪の金利は約5.5%−日本の金利は0.1%(平成17年9月)です。
その差は、5.4%となります。この差が、スワップ金利というものです。

豪ドルを買う場合、そのスワップ金利を受け取るl事が出来ます。
豪ドルを売る場合、逆に支払う必要があります。

スワップ金利は変わる

各国の金利情勢はよく変わります。その変化に応じてスワップ金利も変わっていきます。
平成17年9月現在、金利は各国ともに落ち着いていますが、これは通常の姿ではありません。
しかしながら、日本の低金利が続く間は、スワップ金利を利用することによって有利な利殖が可能です。

馬鹿に出来ないスワップ金利の利回り

毎日受け取るスワップ金利は、600円(120円×5)です。

もし、金利が変わらねば、1カ月で18,000円になります。

同様に、1年で216,000円になります。

100万円の元金に対して、21万6千円のスワップ金利になります。

これは、利回り21.6%という事になりますね。

こういった具合に、スワップ金利は馬鹿に出来ない利益を生み出すのです。

しかし、この高利回りに気を取られすぎてはいけません。

当然、値動きのリスクを考えねばなりません。

レバレッジの比率を考慮するのが大切です。
タグ:FX 為替
posted by 為替っ子 at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 スワップポイント

為替・スワップポイント

為替 取引で海外の高金利を国内で享受できるスワップポイント

各国の金利は異なっている為、ある通貨交換(取引)を行うと金利差が生じる事があります。これをスワップポイントと言います。

そのため、高金利の通貨の買いポジションを持った場合、その金利差分が受け取れ、反対に売りポジションを持った場合、その金利差分を支払う事になります。

三貴商事INV@STは月間出来高シェアNO.1 !!


タグ:FX 為替 相場
posted by 為替っ子 at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 スワップポイント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。