為替 原油相場と関係が深い通貨は・・・

原油価格と為替相場は密接な関係にあります。その影響は国によって異なりますが、原油の価格と各通貨の動きには、それぞれのパターンがあります。

1原油価格と為替相場の関係

原油価格の動向は、世界経済の中心にある米国と深い関係にあります。米国の原油輸出量は世界一だからです。原油はOPECによって産出量や価格が調整されますので、かつてはOPEC会議での決定事項が、為替相場を動かす要因となっていましたが、現在では非OPECである産油国も増えてきたため、その影響力は以前に比べて若干弱まっています。
地政学的リスクの高まりや有事発生による原油需要の拡大、ハリケーンなどによる原油の供給懸念なども、相場に多大な影響を与えます。

2原油価格と各通貨の動向で見る「買い時・売り時」ぴかぴか(新しい)

原油を大量に輸出する米国では、原油価格が上昇すればがゾリンなどの燃料価格に反映され、企業は経費が増大し、製品価格を上げざるを得なくなります。そうなれば個人消費にも悪影響をもたらし、景気後退の原因にもなります。そのため、原油高になればドルの「売り時」です。日本も原油輸入国ですが、省エネ技術が発達している為、円相場への影響は限定的です。逆に資源国通貨と呼ばれるカナダドル、豪ドル、NZドルは、原油相場が、上昇すれば「買い時」です。ただし、原油相場か急騰すれば、投資資金が原油相場に流れる傾向にあるため、資源国通貨の「売り時」となる場合もあります。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。