為替 サイコロジカルラインで投資家心理を読む

為替 サイコロジカルラインとは、サイコロジカル=心理的という言葉が示すように、投資家の心理に基づいて売られ過ぎ・買われ過ぎを判断する指標です。

1相場は投資家心理を映す鏡

相場が上昇を続けていれば、「そろそろ下落するかもしれない」と思う投資家が増え、逆に相場が下落を続けていれば、「もうすぐ上昇するかもしれない」と思う投資家が増える傾向にあります。サイコロジカルラインは、こう言った投資家心理を数値に反映させたものです。具体的には、一定期間で、前日よりも株価が上昇した日を、前日よりも株価が下落した日はとして、期間内でが占める割合を計算します。サイコロジカルラインは、12日間で計算される事が多いようです。仮に12日のうち勝が9日、敗が3日なら「9勝3敗」で、勝の割合は9÷12×100=75(%)となります。

2サイコロジカルラインでつかむ「買い時・売り時」ひらめき

サイコロジカルラインが示す「買い時・売り時」は次のとおりです。

@数値が25%を下回ると売られすぎなので、「買い時」

A数値が75%を超えると買われ過ぎなので、「売り時」

サイコロジカルラインは、わかり易いのですが、ダマシが多いという欠点もあります。また「〜%」と表示されるので、オシレーター系の指標と同様の判断をしがちですが、厳密にはオシレーター系とは言えず「擬似オシレーター系」と呼ばれる場合もあります。したがって、単独で売買判断に用いるのは避けた方が無難です。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。