為替 ボリンジャーバンド=「偏差値」

ボリンジャーバンドは、米投資研究家ジョン・ポリンジャー氏によって発案された指標です。値段の動くおおよその範囲を予測するときに利用します。

1値段はバンド内で推移する

ボリンジャーバンドは、一定期間の移動平均線を描き、その上下にそれぞれ2本の標準偏差のラインを加えたものです。上2本(+1σ、+2σ)、下2本(−1σ−2σ)の線に挟まれた部分をバンドといい、値段はバンド内で上下すると考えられています。この指標には、統計学の標準偏差と同じ考えが利用されています。学生時代、試験のときに出されていた偏差値と同じ原理で、平均値に近くなるほどデータの分布数が多く、平均値から離れるほどデータの分布数が減るというわけです。

2ボリンジャーバンドでつかむ「買い時・売り時」ぴかぴか(新しい)

ボリンジャーバンドが示す「買い時・売り時」および示唆する内容は以下のとおりです。

@値段が移動平均線−2σを下抜けたら「買い時」

A値段が移動平均線+2σを抜けたたら「売り時」

ただし、これらのサインは新規にポジションを持つのではなく、利食いや損切りに用いるほうが得策と言われます。値段がバンドの端を上抜けた後、さらに上昇する事もあれば、あるいはバンドの端を下抜けた後、さらに下落する事もあるからです。またバンドの幅が狭くなった後は、新たなトレンドが形成されやすいので、バンドの幅も注視する必要があります。




タグ: FX 投資 為替
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。