為替 投資家が信頼を寄せるMACD

一目均衡表と共に、投資家が厚い信頼を寄せているのがMACDです。
計算は若干込み入っていますが、買い時・売り時のつかみ方は至って単純ですので、ぜひ、相場分析に取り入れてみましょう。

1昔のデータより今のデータ

MACDは「移動平均収束拡散法」、または「マックディー」と呼ばれています。ちなみに開発したのは、投資アドバイザーでテクニカル分析の権威とされるジェラルド・アぺル氏です。
2本の指数平滑移動平均を利用して「買いどき・売り時」を見極める指標です。
平滑平均では、「過去のデータより最近のデータ」にウエイトを置いて平均値を求めます。平均値の算出期間としては12日と26日が良く用いられます。
値動きの予測では、1ヶ月前よりも1週間前、さらには1日前の値段の方が参考になる、という考え方を計算にも取り入れたわけです。

2MACDでつかむ「買い時・売り時」ぴかぴか(新しい)

MACDにおける「買い時・売り時」は、次のとおりです。

@MACDがシグナルを下から上に突き抜けたときが「買い時」

Aゼロラインを上抜けたときが「買い時」

BMACDがシグナルを上から下に突き抜けたときが「売り時」

Cゼロラインを下抜けたときが「売り時」

MACDがシグナルを上抜けた後、MACD、シグナル共にゼロラインを上抜けたときは「理想的な買い時」となります。



タグ:FX 為替 投資
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。