為替 ストキャスティクス

ストキャスティクスもオシレーター系の代表格です。 ストキャスティクス(stochastics)とは、「推計」の意で、計算によって目的とする数値を予測する事です。

1ストキャスティクスも売られ過ぎ・買われ過ぎをみる指標exclamation

ストキャスティクスでは、%K、%D、slow%Dの3パターンの数値を計算して、売買判断に用います。

ストキャスティクスも、30%以下では売られ過ぎ、70%以上では買われすぎという見方ができる点ではRSIと似ています。 しかし、%Kは値動きに反応し易いため、値段が急上昇したときなどは、80%台に張り付いたまま、なかなか下がってこない場合もあります。 そのため、20%以下を売られ過ぎ80%以上を買われ過ぎとする方が、より精度の高い判断が可能となります。

2ストキャスティクスでつかむ「買い時・売り時」ぴかぴか(新しい)

ストキャスティクスにおける買い時・売り時は、次のとおりです。

@%Kなどの値が極端に上昇したら「買い時」

A%Kが%Dを下から上に突き抜けると「買い時」

B%DがSLOW%Dを下から上に突き抜けると「買い時」

C%Kなどの値が極端に下落したら「売り時」

D%Kが%Dを上から下に突き抜けると「売り時」

E%DがSLOW%Dを上から下に突き抜けると「売り時」

これらの現象が20%以下、または80%以上の水準で見られるときのみを「買いどき・売り時」とする方法もあります。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。