為替 質への逃避とは

インドなどの新興国の株が急落したときに、米ドルが買われる動きが見られました。 この米ドル買いは、リスク回避をテーマとしたドル買いの動きもあったようです。 こう言った動きは質への逃避といわれます。

質への逃避とは、金融市場が混乱をして先行きに不透明感が大きくなった場合に、投資家がリスクを避けて、より安全で換金性の高い投資を行おうとする事です。

当時、日米欧にそろって利上げ観測が広がり、「資金が収縮するかもしれない」との思惑が台頭しました。 そこで、それまで中南米やアジアの新興国などに分散投資されていた資金を、いったん、ドルに買える動きが強まったのです。

一方その頃、中間決算期末を控えた米系ファンドなどレパトリ(本国送金)に伴うドル買いが入っていた事もドルを支える要因となったようです。

こうしてみると、ドルの上昇は「日米欧における利上げ継続観測⇒株式、商品相場の急落⇒投資家による株式、商品市場からの資金引き上げ+米系ファンドなどのレパトリ⇒ドル買い」という流れで起きたと見ることもできます。
このように金融市場では、一見、別々の事象に見えることでも、相互に影響し合い、大きな流れを作るということがるのです。

ただし、この流れは永続するというものではありません。 決算期など一定の時期を過ぎれば、米系ファンドのレパトリも終息します。 また、人民元改革や地政学的なリスクなど、グローバルで多様な動きへの目配りも忘れてはなりません。



posted by 為替っ子 at 19:46 | Comment(1) | TrackBack(0) | 為替 コラム
この記事へのコメント
なるほど。
めちゃくちゃ納得しました。
少し賢くさせていただきました。
ありがとうございます。
Posted by hayapika at 2008年04月03日 01:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。