為替 RSIとは

RSIとはRelative Strength Index(れらティ部・ストレングス・インデックス)の略で、日本語では「相対力指数」といいます。 オシレーター系チャートの中でも、ポピュラーなチャートです。

●RSIでは売られ過ぎ・買われ過ぎを見る

先にも述べたように、オシレーター系のチャートは振り子の原理を応用したものです。 したがって、50%を境にして大幅に数値が振れた場合には、もとに戻ろうとする力が強く動きます。 RSIは30%以下になると売られすぎの状態とされ、買戻しなどが活発化する傾向があります。 また70%以上では買われ過ぎの状態とされ、手仕舞い売りなどが進む傾向があります。

●RSIでつかむ「売り時・買い時」

RSIの計算時期としては、9日や14日、30日が用いられます。 ただし、計算時期が短いと、少し相場が動いただけで、すぐに大きく触れてしまい、ダマシが多くなる傾向にあります。 そこで、2種類の計算期間のRSIを組み合わせて行う売買判断の方が有効とされています。 例えばRSI(14日)が、RSI(30日)を下から上に突き抜けると「買い時」、逆にRSI(14日)がRSI(30日)を上から下に突き抜けると「売り時」との判断が可能です。

また、値段(ローソク足)は上昇しているのに、RSIが下落する、あるいは、値段は下落しているのにRSIが上昇するなど、値段とRSIが逆の値動きをすることがあります。これは逆現象(ダイバージェンシー)といい、基本的にはRSIが示す方向に動く、つまり、相場の動きが転換する可能性が高いとされます。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。