為替 季節要因も考慮しよう

為替相場は、毎年、同じ時期に同じような動きをする傾向があります。 もちろん、絶対、という事はありませんが、一応、念頭においておく事で、色々リスクを避ける事が出来ます。

季節要因とは

これまでの項目で、為替相場を動かす要因として、各国の経済指標や要人発言、株式相場、商品相場、などを紹介しましたが、しかし、相場を動かすのに、もう1つ大事な要素があります。それは「季節要因」です。
夏休みやクリスマス、ボーナス時期などには、投資家が「旅行に行きたい」「ボーナスで投資したい」と思いがちです。そういった投資家心理が相場を動かす要因となる事があります。 また、連休等市場参加者が少なくなるときは、値が飛びやすいので注意が必要です。 他に相場を動かす大きな要因がない限り、こう言った季節要因も考慮することが肝要です。

為替相場を動かす季節要因の例

(1)ゴールデンウィーク:海外に行く人が増え、円が売られやすい。
(2)夏休み:市場は閑散となりやすい。
(3)ボーナス時期:ボーナスが投資資金に市場流入する。
(4)クリスマス:欧米では1〜2週間前に手仕舞いをする投資家が増え、薄商いになりやすい。
(5)正月:海外では、1月2日から相場が大きく動く事もある。
(6)スポーツイベント:オリンピックやサッカーのワールドカップの時期には、投資家が取引を控える為、薄商いになりやすい。h



posted by 為替っ子 at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 ファンダメンタル分析
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。