相場を動かす要因を知る

為替相場を動かす要因には、政治、経済、天候、株式・商品市況に関するものなどが有ります。 これらの動向を大まかにつかんでおけば、為替に関する情報を効率よくチェックできます。

政治、経済要因は基本

為替相場は経済行為に不可欠な通貨の値段ですから、経済要因は相場を動かす要因の中でも非常に大きな部分を占めています。 多くのFX業者が、経済指標の結果発表の予定表を自社サイトに掲載している事からも、経済指標の相場への影響力の強さが窺えます。 政治も相場を動かす重要な要因の一つです。 例えば、2005年9月の衆院総選挙で自民党が圧勝したときには、円が大幅に上昇しました。 逆に2006年7月に北朝鮮がミサイル発射を行った際には、日本の地政学的リスクが高まり、円が売られました。

天候や商品市況・株式市況なども注視

天候も相場に影響します。 2005年、米国にハリケーンが続けて上陸したときは、各地で大きな被害が出て、景気の先行き不透明感が強まった為にドルが売られました。 あるいは、原油や貴金属などの商品市況が為替相場に影響する事もあります。 例えば、オセアニア通貨は貴金属相場の上昇に連れ高する傾向があります。 米ドルは、原油相場が上昇すると弱含む傾向にありますが、原油高の原因が中東情勢の混迷の場合、投資家が安定性を重視してドルを買う場合もあります。 株式市況も為替相場に影響します。 基本的にはその通貨の国の株式が下落すると通貨の値段も下落する傾向があります。



タグ:相場 為替 FX
posted by 為替っ子 at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 ファンダメンタル分析
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。