NY株式市場大反発!!

7月第3週のFRB議長の議会証言及びFOMC議事録公表後から株高&ドル高地合いに。
→8月5日のFOMC後にドル買いが加速し、8月7日のトリシェ総裁コメント後にユーロ売りが加速。

その後、ドル買いヨリで、欧州及び高金利・資源国通貨が売られやすい地合いがしばらく続く。
原油価格やNY株式市場に影響を受けやすい傾向も継続。円だけは軒並み強めに推移。

→『GSE救済の話題』で大変動
→リーマンブラザーズに関する話題などをキッカケに金融不安が再燃。
→リーマン・ブラザーズ破綻で金融不安爆発。リスク回避のドル売り・円買い加速へ。

金融不安が最大の焦点。リスク回避の動向が加速。
以下のような傾向あり。
・為替相場にNY株式市場の動向が非常に大きく影響
・NY株式市場は金融不安に繋がる問題に大きく反応
・リスク回避の動向が強まった場合の為替相場の動き→円買い・ドル売り
・株式市場が上昇→←リスク回避の動向が弱まる・反転
・株式市場が下落→←リスク回避の傾向強まる
・原油価格の下落→ドル買いを支援

▼その他関連動向や要因
各国が協調して資金供給することを決定。
NY株式市場の空売り規制を拡大→NY株式市場反発?
ポールソン米財務長官が議会にRTC(整理信託公社)型解決案を提案→ドル買い
NY株式市場が大幅反発→ドル買い
原油や金、資源国通貨が堅調→ドル安の前兆?
金融不安燻る→上下に振れやすい
米経済指標→良い結果→一時的にドル買い

羊飼いのFXブログより抜粋

タグ:FX 為替 相場
posted by 為替っ子 at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106877237

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。